独自ドメイン、メール対応

独自ドメインとは、ホームページのアドレスに使われる部分のことです。
ベンハウスでしたら、「benhouse.co.jp」、ベンハウスかんたんホームページ(このホームページ)は「bhb.jp」が独自ドメインです。

今や、ホームページを持っている企業は、ほとんど独自ドメインを所持しています。
独自ドメインの有る無しは、そのホームページ・企業の信頼感に大きく影響します。

また、ベンハウスかんたんホームページは、独自ドメインを使用したメールにも対応しています。
短くて覚えやすく、更に信頼感も得られやすい独自ドメインの取得をぜひおすすめします。

独自ドメインのメリット

ドメインとは、ホームページの所在を簡単に表わす文字列のことです。このドメインを持っていることで得られるメリットは、一般的に次のように言われています。

  • URL(アドレス)が覚えやすい
  • ドメインを持っていると信頼性が得られる
  • SEOに有利

URL(アドレス)が覚えやすい

例えば、プロバイダが提供しているホームページスペースのような、「http://プロバイダ名.net/ユーザー名」のようなURL(ホームページアドレス)では、アクセスする際に、どうしても長い文字列をパソコンに入力する必要があります。
パソコンが苦手な方はもちろん、パソコンが得意な方でも、このような作業はできるだけ避けたいと考えています。
結果として、「面倒くさい」→「今度、暇なときに見よう」→忘れる と言う図式が成り立ってしまい、せっかくのチャンスを潰してしまうケースが有るかもしれません。

独自ドメインは、短く、覚えやすいURLを取得する方法として、広く認知されています。
企業名やブランド名の独自ドメインを取得すれば、お客様へのアピールにもなりますし、「覚えやすく、アクセスしやすい」ホームページを作成しやすくなります。

信頼性が得られやすい

ドメインは、年間契約で取得・維持し、当然、その契約には費用が発生します。
企業ホームページを独自ドメインで運営していない会社のホームページを見たお客様は、「ドメインすら取得していない企業はやばいんじゃないだろうか?」と疑いを持ってしまいます。
「ドメインの維持が有料である」と言う事を知らなくても、今や当たり前のように企業がドメインを持っている世の中で「ドメインを持っていない」と言う事実が会社への信頼感に与える影響は大きなものです。

ドメインを持っていないだけで、「ドメインを取得する力すら無い企業」と言う印象を与える事だけは避けたいものです。

SEOに有利

実は、ドメインを持っていると言うことは、SEOにも有利に働きます。
検索エンジンは、ドメイン単位のコンテンツ内容の整合性を重視します。
例えば、プロバイダから与えられたアドレス内にホームページを作ると、検索エンジン側からは、あくまで「このページはプロバイダのドメイン内にあるものだ」とみられ、その他の”プロバイダのドメイン内にある数万、数十万のページ”のうちの1つとして認識されます。

長い時間と相当の労力を支払えば、これでも検索結果の上位に表示されることは可能ですが、作りたてのホームページでは非常に困難です。

逆に、ドメイン毎にホームページの内容(検索エンジンの上位表示されたい内容)を変えてやれば、多方からのアクセスが見込めますので、おすすめです。