集客、顧客管理システム

ホームページ成功のポイントの一つが、「問合せフォーム」「資料請求フォーム」といったメールフォーム機能を用意できるかどうかにあります。
ベンハウスかんたんホームページは、このようなメールフォーム機能を標準提供しております。

メールフォーム機能の必要性

一般に、お客さんがホームページにアクセスした後、御社とコンタクトを取ろうと思ったとします。その場合、具体的なコンタクト方法としては、次の3つが考えられます。

  1. 電話
  2. 電子メール
  3. ホームページ上の各種メールフォーム

いずれの方法であれ、ホームページのコンテンツを読んで御社と連絡を取ろうとしたお客さんを、きちんとサポートしてあげるのは最低限のマナーです。

(1)の電話は最も簡単な方法なのですが、深夜や休日の対応が困難な点や、双方にとって記録が残らないという問題があります。

(2)の電子メールは、お客さんが必要な情報(住所、氏名、問合せ事項、等)を漏れなく記載する必要があり、しかもメールとしての体裁を整える必要があるため、お客さんにかなりの負担を強いることになります。

一方(3)のメールフォーム機能というのは、「問合せ」や「資料請求」を、ホームページから直接申請できる機能です。この「メールフォーム機能」があると、お客さんが問合せしやすくなるのです。

仮に、御社のホームページにメールフォーム機能がなかったとします。
この場合、たとえばお客さんが資料請求をしようと思っても、どのような方法で請求すればいいのかがわかりません。
もし電話ができなければ、「○○の資料を送ってください」とメールで依頼せざるを得ないのですが、これが思いのほか大変なのです。
また、お客さんは、資料請求に必要な情報を正確にメールに書いてしてくれるとは限りません。資料送付先の住所氏名が漏れていたり、欲しい資料の名前が書いていなかったりすると、その後何回もお客さんとメールでやりとりしなければならなくなります。
万一返信の対応が遅れるなどすれば、トラブルやクレームの原因にもなりかねませんし、最悪の場合、途中で面倒くさくなってお客さんが資料請求をやめてしまうでしょう。

このようなことにならないよう、ホームページには「メールフォーム機能」を必ず用意しましょう。お客さんにムダな手間をとらせずに済むだけなく、結果的に問合せや資料請求の件数を増やすことができます。

メールフォームの種類

さて、ホームページでの利用が想定される「メールフォーム機能」としては、次のようなものが代表的です。

  • 問合せフォーム
  • 資料請求フォーム
  • セミナー申込みフォーム
  • 製品やサービスに関する質問フォーム
  • 小冊子購入フォーム
  • カタログ請求フォーム
  • サンプル商品申込みフォーム
  • 無料相談申込みフォーム
  • メルマガ登録フォーム
  • メルマガ解除フォーム

御社のホームページの目的に合わせて、これらのフォームから必要なものを用意しておきましょう。こうしたフォームを用意するかどうかで、お客さんの反応に何倍もの差がでてしまいます。

メールフォームの設置は大変

ところが、こうした「メールフォーム」をホームページに設置するのが、実は一苦労なのです。
メールフォームを設置するには、「CGIプログラム」というツールを駆使して、必要な設定を行う必要があります。そしてこの「CGIプログラム」というのは、非常に高度なスキルが必要とされるツールのため、専門家でないと取り扱うのが大変なのです。
自作ホームページの場合、多くの人が途中で断念するのが、この「CGIプログラム」を利用したメールフォームの作成です。自作ホームページに「問合せフォーム」を設置しようと思っても、「CGIプログラム」がチンプンカンプンなので設置を諦めた、という人は少なくありません。

しかし、この「問合せフォーム」の設置を業者に頼むと、それなりのコストが必要になります。
例えば、ビジネスブログの作成業者に、「問合せフォームつき」のホームページを作成してもらうと、1フォームあたり「3万円」くらいの費用が追加で発生することもあります。メールフォームを3つつけたとすると、10万円近い追加費用を請求されてしまうのです。

汎用性の高いメールフォーム機能を標準装備

ベンハウスかんたんホームページは、「フォーム機能」を標準装備しています。お客さんごとにフォームを開発しなくても、標準装備の「フォーム機能」を利用すれば、ほとんど手間をかけることなくお客さんのフォームを設定することができるのです。
フォームの作成や設置作業は、お客さまご自身でいつでもご自由におこなえます。もちろん、作成・設置は無料です。

また、ベンハウスかんたんホームページのメールフォーム機能は汎用性が高く、さまざまな目的のフォームに利用可能です。
「資料請求」や「お問合せ」だけでなく、「メールマガジン登録」「サンプル請求」「小冊子プレゼント」「セミナー申込み」「サービス申込み」「見積り依頼」などといった、ビジネスに直結する各種のフォームとしてご利用いただけます。

顧客データーベースとの連動

このメールフォーム機能は、システムセンターに設置された「顧客データーベース」システム(標準提供)と連動しています。フォームから入力された登録情報は、全てこの「顧客データベース」に自動的に格納されるのです。

メールフォームから資料請求や問合せをしてくれたお客さんの情報は、ビジネスに直結する重要なデータです。こうしたデータを確実に「顧客データベース」に格納してありますから、お手元のデータをたとえ紛失したとしても心配ありません。

メールマガジン配信システムとの連動

さらにこのメールフォーム機能、および顧客データベースと連動した「メールマガジン配信システム(有料オプション)」もご用意しています。

フォームから登録されたメールアドレス、あるいは顧客データベースに蓄積されたメールアドレスに、一斉にメールマガジンを配信する機能を、オプションでご提供しています。
お客さんから集めたメールアドレスに定期的メールマガジンを配信することが、ネットの販促手段として有効なのはご存じの通りです。そしてベンハウスかんたんホームページを利用すると、有効な販促手法であるメールマガジンを、簡単に配信することができます。

これにより

  1. メールフォームでお客さんの情報を集める。
  2. その情報を顧客データベースに蓄積する。
  3. データベース上のメールアドレスにメールマガジンを送る

という一連の販促機能とホームページを簡単に連動することが可能となりました。